塾・予備校を徹底比較!〜河合塾マナビス 瓦町フラッグ校〜

河合塾 マナビス 瓦町 フラッグ 高松 香川 塾 予備校 比較 金額 浪人生 高校生 合格実績 口コミ 生徒 ポイント 東北 北海道 大学 入試 受験 紹介 おすすめ 未分類

「どんな塾が自分にあっているのか分からない」

「志望大学に合格するためにはどの予備校に入ればいいの?」

といった生徒さんに向けて、

塾・予備校の紹介はもちろん、口コミや

より詳細な分析などを通して

塾・予備校のリアルをお伝えします!

前半はポジティブな部分を伝えますが、

後半になるに従って、よりシビアな内容を書いていきます。

塾・予備校によっては

かなり酷評することもあるかもしれませんが、

選ぶ際に参考にしてもらいたいですし、

間違った選び方をしてほしくないので、

しっかりとリアルを伝えます。

その塾・予備校に向いている生徒さんや

逆にその塾のネガティブな部分を伝えながら、

その塾に不向きな生徒さんなどについても言及します。

今回はその中でも

『河合塾マナビス 瓦町フラッグ校』

について紹介します!

その他の塾・予備校紹介もぜひご覧ください!

 

河合塾マナビスのあれこれ

最近絶好調の河合塾マナビス。

330校舎以上も出来ており、毎月どこかで校舎が増えています。

さて、マナビスの中身に触れていきますが、

河合塾との違いが分からないという話もあるかもしれませんが、

東進とよく似ている形態を取ります。

生授業ではなく映像授業主体という点は一緒です。

河合塾の場合は生授業が基本になりますね。

東進とマナビスの違い

テキストに自信を持っているマナビス

マナビスは現役生のみを対象としています。(東進は浪人生も可)

マナビスの映像授業の特徴は、テキストを軸にして授業を構成している点です。

マナビスで使用されるテキストは、

河合塾が過去の大学入試で出題された問題を徹底研究して作成したテキストになります。

講座を担当している講師がその講座のテキストを作っている訳ではないので、

同じレベルの講座であれば、違う先生の授業であっても同じテキストを使います。

講師に自由にテキストを作らせるよりも、

入試の頻出項目をまとめたテキストの方が良い

というのがマナビスの考えです。

とはいえ、映像授業に出ている講師は河合塾でも有名な先生達です。

充分なレベルの高さはあると言えるでしょう。

講師のレベルに自信を持っている東進

「テキスト」を軸にしているマナビスとは対照的に、

「講師」を授業の軸としているのが東進です。

東進は、講師を最大の強みとしており、

塾・予備校界の中でも群を抜くほどの報酬を支払って、人気講師を呼んでいます。

しかも、

東進ではその講師が自由に授業の内容を決められるため、講師の色が出た授業が展開されていきます

なぜ東進が講師主体の授業を展開しているのかというと、

それは講師同士で競わせてより質の高い映像授業を作らせようとしているからです。

校舎にもよりますが、映像授業を多くとったほうが成績があがるということを公言している校舎もあるようです。

東進は動画の質はもちろん良いですが、

見ただけで満足では定着しないので使い方が重要になってきますね。

東進の詳細が気になる方はこちらから確認ください。

マナビスの強み

マナビスと東進の授業の違いとして、

マナビスでは、どの授業も必ず予習・復習を必須とします。

マナビスの授業はすべて、授業を受ける前に問題を解いて予習を行い、その解説を授業で行う形式です。

さらに復習に関しても、授業を1コマ受け終わる度に、チェックテストがあります。

そのチェックテストの結果を踏まえて、【チューター】と呼ばれる大学生と一緒に、

授業の内容の理解度を確認する時間もあります。

それと比べると、東進の復習ツールは授業後の簡単な確認テストしかないため、

授業の密度で言えば、マナビスの方が高いでしょう。

ただ、全部の授業の予習復習もしつつ、もちろん学校での授業もあり、

という状態になっていくので、科目を取りすぎるとパンクする可能性もあります。

しっかりコントロールするか、それをうまくサポートするチューターに恵まれるか

というのもポイントにはなります。

アドバイスタイム

映像授業を受けただけで満足させないように、

日々の自学自習にも目を向けていることがわかります。

特に注目したいのは、毎回の授業後にアドバイザーのフォローのもと、

授業で学習したことを生徒自身が説明する

「アドバイスタイム」を設けています。

アドバイザーは、答えではなく、考え方のヒントを提示します。

対話しながら、生徒自身がインプットした知識を整理して自分の言葉で説明することで、わかったつもりになっていた部分を明確にしていきます。

単に授業を聞くだけではなく、予習復習によってインプットのクオリティを高めて、かつアウトプットを確認することで理解が深まっているのかも確かめることができます。

【河合塾マナビス】アドバイスタイム動画

部活生など授業の時間に合わせにくい子でも行ける

◎通塾の曜日・時間を選べる!
⇒通塾の曜日・時間は相談して設定。ムリのないスケジュールで通えるから、

勉強と部活動・習い事を両立させることができます。
 
◎無料の自習スペース
⇒授業がない日でも使える自習スペースを用意されています。

月例面談

一人ひとりが自分の目標に向けてスムーズに進めるように、毎月、アドバイザーによる個別面談を行います。

まずは、その月に

「できたこと」「できなかったこと」を自分でマナビス専用アプリ「Myマナビス」に入力。

そのうえで、アドバイザーと対話しながら、月間の学習計画を見直します。

そのほかにも「模試面談」も行っており、

模試の結果を振り返り、次の模試や本番までに何をする必要があるのかを生徒とともに明確にしていきます。

河合塾 マナビス 東進 衛星 予備校 塾 比較 大学 受験 料金 評判 実績 進学 進路 合格 国公立 私立 テキスト 講師 アドバイスタイム 月例面談 映像 二次 センター 共通テスト 個別 試験 口コミ クチコミ おすすめ オススメ

河合塾と河合塾マナビスの違い

同じ河合塾と名前には入りますが、どんな違いがあるのか。

映像授業か、生授業か

河合塾→生授業

河合塾マナビス→映像授業

という差があります。

効率という点を考えると、生授業よりも映像授業のほうが遥かに良いです。

自分の好きなタイミングで、自分の弱点となる部分や簡単なものから

スタートさせるなどのカスタマイズもできるからです。

ただ、生授業であることの緊張感や良質な添削を受けることができるのは

生授業ですね。生授業のほうが頭に入りやすいという意見も圧倒的にあります。

このメリットデメリットをどう生かすか、どちらが自分に合っているのかを

判断していく必要がありますね。

またマナビスの場合、カスタマイズできるとはいえ、それは校舎のスタッフ、チューターに担当してもらうことになります。

そのときに、間違いなく当たり外れがあります。

東進もそうですが、どんなチューターに当たるかによって、必要なやるべきことができるか、取る必要もない映像授業も取らされるかという違いが出てきます。

校舎の力をしっかりと判断する必要があります。

河合塾マナビス 瓦町フラッグ校の基本情報、アクセスなど

住所

〒760-0054
香川県高松市常磐町1-3-1
瓦町FLAG6階

電話番号  087-802-2215

開校時間 

平日・土曜 14:00~22:00
日曜・祝日 10:00~18:00

最寄駅、アクセス ことでん琴平線・長尾線・志度線 瓦町駅 直結

河合塾マナビス 瓦町フラッグ校の合格実績、進学実績

瓦町フラッグ校での2020年の合格実績が

校舎HPにありましたので、紹介します。

国公立大学

一橋大学 商学部(大手前高松高校)

大阪大学 文学部(高松第一高校)

香川大学 法学部(高松西高校)

などの実績がありました。

私立大学

慶應義塾大学 商学部(高松第一高校)

早稲田大学 国際教養学部(高松第一高校)

明治大学 法学部(香川誠陵高校)

などの実績がありました。

河合塾マナビス全体での合格実績も、

記載しましたのでご覧ください。

河合塾マナビスの合格実績、進学実績

2020年度の合格実績が

河合塾マナビスHPにありましたので

一部ではありますが紹介します。

国公立大学

東京大学 1,313名

京都大学 1,329名

北海道大学 685名

東北大学 638名

名古屋大学 765名

大阪大学 834名

九州大学 722名

私立大学

早稲田大学 5,919名

慶應義塾大学 3,235名

立教大学 4,523名

青山学院大学 2,963名

南山大学 3,245名

同志社大学 5,338名

関西学院大学 2,641名

料金

1講座(90分×20コマ)あたり

75,000円

→東進と金額面の差はほとんどありませんね。

塾・予備校を見極めるポイントから河合塾マナビスを分析

塾・予備校を見るポイントというのは幾つもありますが、様々な塾・予備校で、合わせて二桁以上の校舎運営に関わってきた者として注目すべきポイントと照らし合わせながら、河合塾マナビスを分析していきます。

自習室の開放時間、体制、設備など 

そもそもどこで自習するのかという話もあり、

塾や予備校の自習室で学習することが全てではありませんが、

迎える塾・予備校としての姿勢がどうかという話です。

開放時間

◯月曜〜日曜まで全ての曜日

◯午前中(9時前後)〜夜(22時前後)の時間帯

で自習室を使うことができる塾や予備校を選びましょう。

開放体制

◯開放中に生徒からの質問に答える体制が整っているか

もポイントです。

ただの自習室開放ではなく、サポートする先生側の体制も重要です。

設備

自習席が整っているか、席にゆとりがあるか、

学習スペース以外にも休憩できる空間があるか

などの観点で校舎を見ておく必要があります。

これらの点で考えると河合塾マナビスはそこまでオススメできません。

生徒さんの質問に答えるといった体制は

そこまでしっかりとは用意されていません。

自習環境も万全とは言えないところが多いです。

ただ、このあたりは校舎によって差がありますので、実際に確認しておくことも、もちろん必要ですね。

大学合格からの個別逆算プランニング

当たり前のような話ではありますが、大学合格に向けての

計画を立てて、その進捗管理をするということが徹底されているか

しっかりと確認しておきましょう。

その観点では河合塾マナビスではやや不十分です。

そもそも論ですが、東進なども映像がメインで、河合塾マナビスも映像を活用します。

ただ、この映像というのが非効率で、学習計画を立てようとすると

生徒さんによっては志望校まで届かないことが

計画の時点で確定してしまうという事態に陥ってしまうことも考えられます。

校舎によってはある意味誠実かもしれませんが、志望校を下げにいくという面談をすることもあるようです。

成績の上げ幅が授業メインになることで小さくなることの弊害です。

学習方法などを改善するための指摘が入る環境か

ただ、計画を立てて、宿題を進め、分からないところがあれば聞くという学習環境があれば良いというわけではありません。

成績が伸びる塾や予備校に共通する点は、

学習方法などを改善するという視点があるかどうかです。

計画、進捗がズレた場合の修正はもちろん、

英単語の覚え方、ノートの使い方、

時間の活用方法、記述の添削、

科目ごとの学習バランスなどなど

学習方法を改善し

(社会人になると、PDCAと言われますが)

効率良く学習できるようになる指摘ポイントは沢山あります。

この点において河合塾マナビスは、個別指導ということもあり、生徒さんに合わせた指摘をすることが可能です。

また、アドバイスタイムがしっかり機能していれば、効率よく改善を進めることができるでしょう。

ただ、講師によってクオリティに差が出てしまう可能性もあるので、

注意が必要です。またその校舎を束ねる長の教育によっても

校舎間格差が生まれてしまうので要注意です。

料金(コストパフォーマンス)

料金は、安ければ安いほどよいという話ではありません。

むしろ安い塾というのは何かしら問題があるので、避けることをオススメします。

具体的に言えば、個別指導であれば、1科目で週1回指導といった

オーソドックスなプランで、

月額2万円台やそれ以下の料金で運営する塾は避けましょう。

何故なら、そのレベルの料金では、塾のクオリティを高めることは現実問題

としてかなり難しいからです。

校舎を運営するスタッフの採用力も落ちますし、育成にかける時間や資金も

乏しくなるでしょう。

校舎の開放時間も短くなりますし、質問にも対応してもらえないでしょう。

その状態で校舎のクオリティを高めて、生徒さんを合格に導くようなサービスを

提供することは難しいです。

そういった意味では、河合塾マナビスは安かろう悪かろうに陥るシステムではありません。

この月額の料金であれば、ある程度のサービスを提供できますので、

あとは各校舎の差が出ている可能性もあるので、その辺りの見極めが必要になるといったところでしょうか。

河合塾 マナビス 塾 比較 大学 受験 料金 評判 実績 進学 進路 合格 国公立 私立 テキスト 講師 映像 二次 センター 共通テスト 個別 試験 口コミ クチコミ おすすめ オススメ

口コミ

メリット

・質問に対して親切に指導してくださいました。

進学先についても丁寧に相談にのってくださいました。

・映像教材を、自分に必要な教科と教材の分だけ視聴するというシステムです。

自分の都合の良い時間に視聴でき、計画する力、

強い意志に基づいて実行する力が必要です。それらが身に付きつつあると思います。

・先生が熱心なのは良いが、もう少し細かい授業のカリキュラム指導を欲しい。

・自習室が十分にあり、夜10時まであいていて、土日も使えるのでとてもいい学習環境にあると思います。

デメリット

・質問をしたくても、質問する生徒がたくさんいて、

自分は質問する時間が、ほとんどなかったような気がします。

・特に不満な点はないですが、期待していたよりも伸びない印象でした。

・医学部医学科を目指していると相談したら、

「あなたには無理だから諦めて別のところを探してください」

と言われて悔しい思いをした。

フランチャイズとしては優秀?

河合塾マナビスも東進と同じようにフランチャイズです。

フランチャイズとなると気になるのが、

それぞれの校舎によって差があるのかという点です。

フランチャイズだと本部SV(スーパーバイザー)

つまりはちゃんと校舎を運営できているかを管理や指導する人が、

半年や1年に一度しか校舎に来ないということもザラです。

しかし河合塾マナビスの場合は月に2回ほどSVが来校するようです。

校舎運営がしっかり管理されているので、校舎によってのブレが少ない

ということはメリットになる部分もあります。

ただ、校舎によって融通を効かせることができないので、

柔軟な対応ができない、

それぞれのエリアニーズに合わせることができない、

本部が認めないサービスはできないなどの側面もあります。

あとは、しっかり受講科目や映像を沢山とってもらえるように

SVから教育も徹底されているので、それに釣られて余計な科目まで取らないように気をつけてくださいね笑

この記事は河合塾マナビスHPや塾ナビの情報を参照にしています。

【公式】河合塾マナビス|高校生の大学受験予備校
河合塾トップ講師の映像授業と受験指導のプロが現役合格へと導く確かな学習計画と受験戦略。志望大学現役合格者多数!部活との両立も可能!

以上、河合塾マナビスの分析でした。

塾・予備校選びの参考になりましたら、幸いです。

タイトルとURLをコピーしました